三次市斎場 悠久の森


【プロポーザル特定作品】

故人を悼み、冥福を祈り、残された遺族を弔う。それは古代から人類が行ってきた大切な営みのひとつである。この火葬場では、心ゆくまでゆったりとお別れができることを主点とし、告別から拾骨まで遺族が占有できるユニット形式で、お別れの場を計画した。風景の一部となるような修景を行い、自然や環境との調和に配慮した。

竣工年  2012年
所在地 三次市
主要用途 火葬場
延床面積 2,478.66
構造規模 RC造 地上2階