特別養護老人ホーム湯来保養園


既存特養棟の老朽化に伴う敷地内移転工事である。既存特養棟は将来解体予定のため別棟とし、既存デイサービス棟との一棟増築として計画した。
既存デイサービス棟との敷地高低差が約8mあったが、スムーズな運営が行える内部動線を確保するため増築部の3FL と既存デイサービスの1FL を渡り廊下にて接続した。
勾配屋根や落ち着いた彩色の内外装、内外の連続性を意識した連窓など、「自然豊かな湯来町」に相応しい建物となるよう配慮した。

所在地 広島県広島市
竣  工 2014.9
施  工 ㈱大林組/td>
敷地面積 11,569.96 ㎡
建築面積 2,097.27 ㎡
延べ面積 3,614.97 ㎡
構造規模 S3F