広島信用金庫研修センター


本計画は、広島信用金庫の事業コンセプト『- 職員の連帯感と知の創出 -』に基づいた人材育成の新たな拠点となる研修センターの建設としてスタートした。敷地は個人住宅やマンションが並ぶ静かな住居地域にあり、前面道路に沿って桜並木と海につながる水路に面している。建物はこの道路の正面に玄関を配置し、道路からよく見える場所にイングリッシュガーデンをイメージした庭を設け、周辺につながる開放的な施設を目指した。平面計画においては研修機能の充実に重点を置き、加えて利用者同士のコミュニケーションがとりやすいプランを目指し部屋の配置や仕様の工夫を行った。たと えば、食堂は100人程度が同時に利用できる広さとし、共同調理場的なキッチンを併設。宿泊室は2名1室を中心とした相部屋で構成。又仲間との親睦を深め る目的として、和室の広間、数人が同時に入浴できる浴室を計画した。

竣工年  2015年
所在地  広島市西区
主要用途  研修施設、寄宿舎
延床面積  1,992.41 ㎡
構造規模  S造 地上4階