広島製菓専門学校 校舎


パティシエやパン職人を育成する製菓専門学校の新築工事である。ファサードや内装・サインに建築の手仕事の見せ場を設け、その学び舎として相応しい建物を目指した。ファサードに垂直方向をタイル貼りの押出成形セメント板、水平方向をアルミサッシの無目で格子を構成し、それらを前後に離して設置することで、その格子に陰影を与え表情に深みを出した。3階の飴細工や洋菓子などを製作するデモ室は、キッチンで調理する姿がよく見えるよう階段教室とし、手元を映すカメラとモニターも設置することで、舞台のような場とした。 この様な仕掛けを随所に設けることにより、教育方針である〝製菓の技術や知識と共に職人としての心構えを育む〟一助となれば幸いである。

竣工年  2015年8月
所在地  広島市中区
主要用途  専修学校
延床面積  1,341.17㎡
構造規模  S造 地上5階