ケアハウス ラポーレ東千田


「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」の、“「知の拠点」を持続させるため世代間で「知」を伝え合う施設”を期待される施設として建設された。多世代コミュニティの形成とシニアの「知」の継承を実現させるための設備として、6Fに「ナレッジホール」と名付けた多目的ホールを設けている。また、地域へ憩いの場を提供する設備として1Fにレストランを配置している。街並みに調和する外観とし、地域に対して開放的な印象を与える施設を目指した。

竣工年  2016年07月
所在地  広島市中区
主要用途  ケアハウス(定員100人)
延床面積  5,023.88㎡
構造規模  S造 地上6階