さいわい保育園



計画地は海田町南部に位置し、新しく街並みに整備された人口増加地区にあり、文教・居住施設環境に恵まれた場所である。
本計画は、42年間海田町立幸保育所として運営された園舎を解体(海田町工事)した後、公募決定により民間移管して行った園舎新築工事である。
園児・保護者の方々や地域に寄り添う「地域の大きないえ」のような保育環境を目指すことをコンセプトに掲げ、また敷地内の桜の木2本を残すことで、これまでの卒園児の方々の想い出や地域の歴史を継承することとした。
新たな園舎外観は温かみがあるなかにも飛躍する力強いフォルムに軽やかさを加えて表現し、内観はユニバーサルデザインを取り入れ、住まいのような明るさと落ち着きを感じる空間を創出した。
今後長きに渡り、園児やスタッフが快適に過ごすことができ、様々な交流の場となる園舎であり続けることを願っている。

竣工年  2017年
所在地  広島県安芸郡海田町
主要用途  保育園
延床面積  1212.1㎡
構造規模  RC造一部S造 地上2階