認知症対応型通所介護事業所(デイサービスセンター) ハートハウス吉敷



青藍会グループでは、認知症の高齢者が住み慣れた地域の中で安心し、継続的に暮らしていけるための認知症ケア体制を整えることに力をいれている。当施設で山口市内10カ所目となる認知症対応型通所介護事業(脳活性リハビリ)を平成29年6月1日に開設した。
開設時は1単位の12名でスタートするが、将来は2単位に対応できるスペースと機能を確保している。
施設では、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるように、食事や入浴などの支援や、生活機能向上のための機能訓練、口腔機能向上訓練などと併せて、社会的孤立感の解消や、心身機能の維持回復、周辺症状緩和など、ご家族の介護負担軽減などを目的として取り組んでいる。
建物のイメージはシンプルで明るく開放的な施設とする事と、内部のイメージも家庭的なだけでなく、元気の出る雰囲気づくりを要望されたので、明るく楽しい気持ちになるイエローや、健康的で元気なイメージを伝えやすく、食事がおいしく感じるオレンジ色など、暖かみのある色でのコーディネイトを採用した。
当施設も、これまでの青藍会グループの施設と同様に、地域との関わり合いを大切にし、地域の方々に親しまれ、気軽に立ち寄って頂ける、交流の場として活用して頂きたいと考えている。

竣工年  2017年
所在地  山口県山口市
主要用途  認知症対応型通所介護事業所(デイサービスセンター)・寄宿舎(障害者支援施設)
延床面積  217.45㎡
構造規模  S造 地上2階